世界同時株安の中、不屈の精神でダウを空売る!!

どーも、寝不足のコメです。

昨日、アメリカの株価指数ダウの急落が凄まじかったですね。

気づけば朝まで起きてました。

寝れなかった一晩のトレードの記録です。

全く売り所がない

私はショートポジジョンを木曜日深夜に一度利確してしまい、再び売りで再戦したかったのですが、全然株価は上がってこないので、売り所がない状況がずっと続いていました。

むしろ、下げの勢いが加速してきていて、心が飛びつき売りしたい衝動に駆られる中ずっと我慢して様子見を続けていました。

8月5日、ニューヨークタイムが始めれば反転するのでは?

私はニューヨークタイムに期待しておりました。

先物相場は所詮心理戦。現実を反映していないと。

22時30分ニューヨーク市場の開始時間、チャートを凝視していると、まさかの更なる下落。しかも、スピードはさらに加速していきました。

先物相場に現物株がついてきたのです。

 

「駄目だー、どんどん落ちてく。」

 

「このまま指を加えて見ていられん。」

 

私は、もうこの時点で戻り売りを諦め、追っかけ売りを仕掛けました。

売った瞬間から、今度は猛烈な反発が来るのでは?と恐怖心が心を支配し始めます。

こう決意しました。

「1時間足で一つ上の高値で切ろう。」

それまでは、握りしめる!!

そう心に強く近い、禁断の追っかけ売りという素人トレードを開始してしまったのです。

しかし、恐怖心とは裏腹にダウは更なる下落を見せます。

もはや、世界は破滅に向かっているのだろうかと思う程に。

全く上昇の気配なし

その後も、落ちては短時間でサポートラインを形成して突破していくを繰り返します。

利益はどんどん増えて行きました。

この大暴落は朝になっても収まりません。

通勤電車に揺られながらセリングクライマックス

そして、通勤電車に乗りながら、それでも下がり続けるダウチャートをスマホで凝視していました。

そして朝7時台、これまでにない猛烈なスピードで落ちたとこを確認して、全決済しました。

今チャートを見返してみると、正にセリングクライマックスでした。

実はリスクヘッジのつもりでロングも入れてしまっていました。

これが余計だった(ーー;)

結果は、

ショートが+50万円

ロングが−25万円

一日のトータル確定損益は+25万円でした。

戻り売りが仕掛けられなかった1時間足↓
日付が変わりようやく反発しました。

感想

追っかけ売りした時点で、正しいトレードとは言えないでしょう。

ただ、ずっとダウの暴落を狙って空売りを仕掛け、踏み上げられてきました。

そして、今正に目の前で暴落している。

後悔はしたくなかった。

だから、攻めました。

結果が全てとか、

暴落するのはわかってたとか、

そんな事言うつもりはありません。

今回もビットコイン44万円の利確と同じ。

たまたま勝てただけです。

運が良かっただけです。

こんな時こそ次はいつも以上に慎重にトレードをする。

まずは、昨日の熱くなった気分を全力で冷やします。

とりあえず、先日ブログで宣言したダウトレードの誓い。

「今後10万負けたら、ダウからの退場」を宣言しましたが、もう少しこのマーケットで戦えそうです。

そして、今年最大の下げ幅を記録した瞬間に自分が少しだけでも、この大波に乗れたことは素直に嬉しいです。

 




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です