トレードは投機だけど、投資の役にたつ。iDeCoのポートフォリオを公開。

どーも、明日から三連休のコメです!!

休み前の金曜日は最高ですね。

昔は週末は飲んだくれてましたが、ブログを書いているいる辺りが変わったなと思うとこです。

今日はトレードではなく投資の話です。

トレードは投資ではない

トレードはお金を運用してはいますが、投資ではないです。

不確実な価格の値動きの差を取りに行ってるわけですから、これは投機です。

しかし、トレードの技術は投資においても大いに役立ちます。

超高齢化社会に世界最速のスピードで突っ走している日本では、公的年金は当てには出来ず、増えない給料だけでは100年ライフが可能となった近代医療のもとでは、将来の備えの貯金が圧倒的に足りません。

そうなると、投資で資金を増やすことはもはや必須と言わざる負えません。

ただ、投資が必要とはいえ、やみくもに株を購入するのは如何でしょうか。

時間と投資金額を分散するドルコスト平均法が投資初心者の王道の手法のようですが、私は分散投資はあまり好きではありません。

トレード脳で考えるなら、トレンドに乗る投資が一番ハイパフォーマンスを出すことが出来ると考えます。

逆に長期的な下落トレンドの場合に、逆らってドルコスト平均法で毎月買うというのは、トレーダーが一番犯してはいけない大罪ナンピンを犯しているということになります。

大きな流れに乗る

個人型確定拠出年金(iDeCo)も同様です。様々な国の株や債券を組み合わせたインデックスファンドを毎月コツコツ積み立てる人が多い思いますが、私はこの手法は好きではありません。

なぜなら、考えることを放棄しているからです。

将来価値が上がると思うものに投資する。

これが投資です。

何も考えずに、自動積立をするのは投資と言えるでしょうか。

私はアメリカ株が史上最高値圏にある中、株を買いたいと思いません。

次の流れを考えます。

将来株が下がり始めるのではという仮説を立てたりします。

下がると何が起きるか?

金や円が買われます。

今年の6月5日に金についてのブログを書きました。

明らかに金が上がると思っていました。

そして現在のチャートはこうです⇊

6月5日以降も爆上げとなりました。

私は金のポジションは持っていましたが、一瞬の下落で損切りとなってしまい悔しい思いをしました。

iDeCoで金ガチホです

トレードで上昇の波に上手く乗れませんでしたが、投資では金を買っていました。

それは個人型確定拠出年金のiDeCoで買っていたんです。

iDeCoのポートフォリオをご覧ください。

自分で言うのも何ですが、iDeCoでこんなポートフォリオを組む人は少数派だと思います。

日本株 6%
金   77%
定期預金17%

です。

日本株が-9.8%もの打撃を受けていますが、それを大きく上回る14.8%という利回りを金で達成しております。

これは、トレードで鍛えられた相場感が大いに役に立ったということになります。

日本株を毎月コツコツ買い続けている投資家は大きな火傷を現在負っているはずです。

私はiDeCoの投資もトレードと同じく戦略的に投資を行います。

きっと、何も考えずにドルコスト平均法で投資している方達と、数年後大きな差が生まれているはずだと思っています。

将来のことはわかりませんが、努力する人としない人には必ず結果に差がでてくるはずです。

自動積立(思考停止)VS裁量(分析)です。

では良い3連休を!!

 




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です