トレード依存症からの脱却。ポジポジ病は自己管理が出来ていない証拠。

どーも、コメです。

今日は依存症についてお話しします。

トレードをしなくてはならない病

依存症はいろいろあります。

代表的なのは、タバコ、酒、女、ドラッグ、ギャンブルなどです。

私はアルコール依存症は若干入っています。

そして、今私が深刻な状態に陥っているのが、

トレード依存症

です。

これをトレーダー界では、ポジポジ病と言います。

ポジションを持っていないいないと、

不安になり、

大したエントリー根拠もないのに、

トレードをしてしまう。

そして、無駄なポジションを持ち続けてしまう。

これがポジポジ病です。

高揚感が生み出す破滅への道

上記に上げた依存症には共通点があります。

それは、高揚感を味わえることです。

人間生きてて刺激って欲しいですよね。

これがトレードでは簡単に味わうことが出来ます。

一日で50万円の利益を出すことだってトレードでは可能な世界です。

そして一度それを味わってしまうと、それのトリコになります。

この時感じた高揚感は、人の感覚を麻痺させます。

気づけば、10万円では利確が出来なくなり、

もっと、もっとと欲が出てくるようになります。

利益を伸ばしている時は、

まるで自分がマーケットを支配しているかの如く感じます。

正に、神にでもなったような気分です。

これが過信となり、

結局は自分のルールを壊し、

破滅への道へと続いていきます。

そうです、

今の私は、

正に、

そんな感じです。

期待値の高いとこの見極め

トレードをギャンブルで無くす唯一無二の方法は、

チャートパターンや環境認識から得られる、

期待値が高いとこだけ勝負することです。

これしかありません。

これが出来れば、

トレードはギャンブルではなく、ビジネスとなります。

しかし、

一度味わった高揚感は、

この期待値が高いとこだけトレードするというルールを、

ことごとく壊していきます。

無駄なトレードが増えるのは、

高揚感を味わいたいという人間の心理がもたらすのです。

勝者から敗者へ

こうなってしまうと、

もう勝負はついてしまいます。

遅かれ早かれ、

待っている未来は破滅です。

一時的に勝てる人も、

最後は全部吹っ飛ばします。

これが、

トレードは誰でも簡単に始めれるが、

ほとんどの方が生き残れない最大理由です。

今何をすべきか

私が最近思うのは、

トレードでルールを守ることは、

酒を止めるのと同じ位難しいじゃないかということです。

日常から、自己管理が出来ない人はトレードもだらしないのではないでしょうか。

そこで、3週間前から平日の晩酌を止めるという自己規律を作りました。

今も続行中です。

これが出来れば、

体に良いし、

睡眠の質は向上し、

何より、

自己規律を守れたという自信がつくのではと思っています。

日常から正していく。

まずはそこからです。

 




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です