『投資家みたいに生きろ』著者:藤野英人を読んでみて思う事

どーも、トレード回数少なくなり時間が増えたコメです。

現在爆損からのメンタル療養中のため、トレード回数が激減しています。

よって時間は増えました。

そして、本屋でたまたま目についた本を衝動買いしました。

それは、

『投資家みたに生きろ』
著者:ひふみ投信 藤野英人

です。

大きな夢を掴みたくて投資の世界に入りましたが、結果が散々であります。

本書は、極めて安全かつ投資の基本と行動戦略を教えてくれます。

トレードをする前にはわからなかったこと

「トレード」は投資ではなく投機(ギャンブル)であるなんて良く言われたりします。

でも、私は頑なに「いや、期待値がわかれば投機ではなく、投資だ」と言い続けてきました。

しかし、

今年350万円負けています。

今もトレードを投資だと言えるかと問われれば、

投資ではないとはっきりと言うでしょう。

不確実性が高すぎます。

常にランダムに上下を繰り返すのがマーケットであり、結局の所次の値動きは何もわからないが正解だと思う。

常に感情に振り回されて、思い通りにトレードが出来たことなんて凄く少なかった気がします。



投資の基本は「小さく・ゆっくり・長く」

この本は特に投資に特化した本ではないです。

投資家的思考と行動を身に着けて、人生をより豊かにしようという本です。

投資の基本は「小さく・ゆっくり・長く」と書かれていました。

この原則は大負けを被るとよくわかる考えた方です。

この逆をいうなら、「大きく・速く・短期」でということになる。

これは、リターンは大きいが、リスクの増大を意味します。

投資だけでなく、人生あらゆることがこの原理原則に当てはまると考えます。

思い返せば、人生急ぐとロクな事がないからです。

目的と手段が合っていたか!?

どうしてトレードの世界に入ったのだろう?

それは、

会社に頼らず、嫌なことも我慢せず、好きな人生を歩んでいきたいと思ったからだ。

それは今も変わらない。

しかし、今まで目的に対する手段は大きく間違っていたと思っている。

私が繰り返してきた派手なトレードは、投資の原理原則からはかけ離れていたものでした。

爆益狙いのオーバートレードは、とても自分の感情と上手く付き合っていける状態ではなかったです。

会社に頼らないとは、アーリーリタイアを意味しているところでもありますが、手段は他にいくらでもあったはずである。

投資の原則「小さく・ゆっくり・長く」は決してリターンが小さいことではない。

続けていくことに意味あるということであり、その恩恵は多大なものであることに違いはありません。

周りの友人を見ててもそう思う。

続けてきた奴が最強である!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

投資家みたいに生きろ 将来の不安を打ち破る人生戦略 [ 藤野 英人 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/12/17時点)

楽天で購入

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。