原油のトレードで大損。今後のトレードについて。

どーも、コメです。

パソコンのネットが使えるようになり、ようやくブログを書くことが出来るようになりました。

コロナショックやばいですね。

そして、私の今月のトレード成績も散々です。

察しがつく方はいると思いますが、

私CFDで原油買ってました。

昨日ついに5月限の原油価格がマイナス価格に突入してしまいました。

私は先週の木曜日に19円で逃げました。

損失額28万円。

その他にも、ダウ先物、ビットコインFXで大きく損切りをして、

今月のトータル損失額は50万円を超えています。

 

先週の金曜日に、原油をショートポジションで入り直しました。

上げ目線から下げ目線に切り替えました。

すると、みるみる落ちていきました。

今含み益が23万円です。

原油価格がマイナス価格ではないのは、5月限ではなく6月限に切り替わったとこでショートしているからです。

これを決済したら、テクニカル分析によるトレードは止めようと思います。

テクニカル分析による優位性は必ずあると思っていますが、

心理的要因が邪魔をして、いつもルールを破りへまをします。

へまをするときはだいたいロット数が多くなる時です。

上手くいくときは、ロット数が小さいときです。

これを繰り返している限り、絶対に資産は増えません。

そして、100%資産は減っていきます。

今、上手く機能しているのはオプション取引だけです。

まずはこれだけに集中しようと思います。

オプションのコール売りに限定すれば現在、19勝0敗。現在3枚保有中。

1トレードの平均利益 9,750円

1トレードのストップロスは 75,000円~85,000円で設定しています。
(まだ、一度も損切はされていません。)

昨年の10月から不敗神話は続いています。

これだけの期間、機能し続けるのは、かなり優れた戦略だと思っています。

今、最大ポジション数を2枚→3枚に上げました。

さぁ、どうなるでしょうか。

機能していた戦略もロット数上げると負け始めるは、トレードあるあるですからね。

また報告します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。