項目毎にトレード生涯収支を分析

どーも、コメです。

けっこう休日出勤が続いておりまして、久々の2連休目です。

明日もお休みです(#^.^#)

外に出れないんで、過去分析していきましょう!!

昨日も出しましたが、まずはベースとなる月毎の収支です。

私の場合大きく分けて、FX(主にドル/円、ユーロ/ドル)、現物株(チャンスがあれば何でも)、CFD(主に株価指数)、仮想通貨(ビットコイン、リップル)、オプション(日経225)が主戦場でした。

項目別に月毎の確定損益をグラフ化してみました。

仮想通貨とCFDのギザギザがデカ過ぎます。
これは明らかにリスクの取り過ぎでしたね。
ギザギザが大きい程、安定して勝つには程遠いことを意味しています。

仮想通貨とCFDの動きが大きすぎて、他の3つがよくわからないので、他の3つだけに抽出してみました。

基本的には+-10万円前後に収まっています。

FXも割かしムラがありますね。
2019年5月以降は安定しています。

現物株は試行回数が少ないですが、去年の夏位まではトレードしていたんです。
けっこう安定して+圏にいたんだなとわかります。

突出しているのがオプションです。
一度もマイナス圏に行くことなく、安定して右肩上がりです。
今はオプションを除きトレードはしていません。

こうやって分析してみると、
自分の得意不得意が見えてきます。

トータル損益でランキングにするとこうなります
1位 オプション +195,548円
2位 FX    +160,958円
3位 仮想通貨  +101,144円
4位 現物株   +34,172円
5位 CFD   -6,324,707円

間違いなくCFDは排除です。
こんなのやるもんじゃないです。
FXはトータルの勝ちはなかなかですが、2018年の11月12月の勝ちが大きいんですね。
翌年1~3月に大きくマイナス圏に触れているところが、まだまだ安定には程遠いです。
現物株のトレードはもう少しやってみてもいいかもしれなかったですね。
レバレッジをかけれないので、フルレバをしてしまう私にはいいのかもしれません。
仮想通貨は、悩ましいですね。
仮想通貨だけでグラフ化してみます。

2018年の動きが大きすぎて、2019年以降の動きがよくわかりません状態です。
低レバなら続けてみるのもありかなとも思えますが、
低レバ出来ないからCFDがあの有様なんですよ。
やるなら失ってもいいお金を証拠金(10万円とか)に入れて、やるとかかな。

オプションは継続する価値大有りです。
全ての項目で確認しましたが、5ヶ月連続+圏にいた銘柄は一つもありませんでした。

オプショントレードは明らかに自分に合っているトレードだと感じています。

次回のブログではオプショントレードについて自分なりの考察をしてみたいと思います。

⇓ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けると嬉しいです⇓

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。