日本の高配当株ポートフォリオが好調

どーも、コメです。

昨今、株式投資は米国株最強説を唱える人も多くいて、私もそれを信じてしまっている一人です。

しかし、米国株にフルベッドするのも怖いので、日本株も比率を高めて、

だいたい米国と日本株の比率を5対5程度で高配当ポートフォリオを組んで、バイ&ホールド戦略で運用しています。

米国株の比率を上げた方が良いのではと思っていましたが、

ここに来て運用成績に偏りが出てきました。

現在米国株の運用益は+57000円

日本株の運用益+365000円(日米ともに配当金除く)

大きく差が開いてきました。

米国は高配当ETFが主軸です。

日本は自分でオリジナルポートフォリオを組んでいます。

米国の方が株価指数は好調なのですが、成績は悪いです。

米国株信者が今多い中、国別で分散していくメリットを感じました。

やはり、遠い米国より日本株の方が読みやすいのはあると感じています。

go toが活発になれば上がりそうな株とか分かり易いですよね。

相変わらずホテル系リートやリース系ガチホです。

リーマンショック時に日本株を購入していた人は現在株価は3倍です。(日経平均で言うならですが)

そして、良く言っていたものです。

あの時買っておけばと。

コロナ時に仕込んだ株はどうなるでしょう。

楽しみですね。

ランキングブログランキングに参加しています。応援クリック頂けると嬉しいです⇓

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。