リップルで大勝ちしたけど、悔しい思いをした友人との話で思う事

どーも、コメです。

昨日、リップルで400万円を利確した友人と会いました。

やっぱり悔しそうでしたね。

今でも保有していれば、2500万円の含み益だったらしいです。

相場を読み解くのは困難で、特にロットがデカい程、論理的に考えていたことが実行出来なくなります。

感情が邪魔をしてくるんです。

友人の15万XRP所有は一日100万円以上も評価額が変わることもよくある保有量だと思います。

その中、3年位保有し続けたのは、本当にメンタルがやばいなと感じました。

これから株式市場で頑張っていくと言ってました。

楽しみです。

でも、一つ注意点があります。

仮想通貨のアグレッシブな動きは株式市場ではあまりありません。

大きな値動きを狙うには、小型株に集中投資をする必要があります。

やはり、友人はそっちに興味があるようです。

投資スタンスの良い悪いは、結局の所人それぞれなんだけど、私がしている大型株に分散投資とは真逆なスタンスです。

ハイレバ大好きなトレーダー時代の過去に、私は大きく勝った後は、大きく負けてきました。

アグレッシブな投資で勝ち続けることは非常に難易度が高いのです。

どこかで勝ち逃げして、堅実な投資に移行しなくてはいけない時期があると思います。

そこを逃すと勝った分を失うという悲劇があります。

小型株の集中投資を続けるなら、その移行時期をどこに定めるかは重要です。

人間の欲望は果てしないですから。

正直、小型株集中投資はあまりお勧め出来ません。

私のリスク許容度は超えてしまいますね。

でも、確かに10バガーを掴んで一財を築き上げた人もたくさんいます。

私の友人なら、上手くやりきりそうな気がしてならないですけど。

私の友人はメンタルがやばそうなので(笑)

応援しています(^^)/

ブログランキングに参加しています。応援クリック頂けると嬉しいです⇓

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。