【世界最強指数S&P500インデックスファンド積立中】投資信託の運用成績公開

どーも、コメです。

先日これから投資を始めようとしている友人からこんなことを聞かれました。

「貯金感覚でS&P500に投資していけばいいんでしょ?」

米国株投資も、だいぶ浸透してきましたね。

S&P500は貯金だとまで言わせているのは右肩上がりの実績が株式市場始まってからずっと続いているという安心感です。

回答は、

「貯金ではなく投資です((笑)」

アメリカが衰退して中国に抜かれるかもしれないし、バカでかい隕石がニューヨークに墜ちるかもしれません。核戦争が始まってしまうかもしれないし、世界中の人達が購入しているS&P500に盲点があり、それがきっかけとなり超長期的な金融危機が起き世界大恐慌になるかもしれない。

未来に何が起きるかわからない以上はリスク資産であります。

ただ、リスクを取った人にしかリターンがないように、無リスク資産である貯金ではお金は増えません。(ただし、不況、恐慌が起きれば預金信者は勝ち組となります)

今後もアメリカ市場は成長していくと信じられるならGOです。

さて、私は高配当株投資をメインとしていますが、投資信託を通じて市場平均に投資するインデックスファンドでも運用を行っています。

勿論、今流行りのS&P500も運用中です。

⇓私のポートフォリオです⇓

投資総額 1,242,416円

時価評価額 1,663,709円

トータルリターン +421,292円 +34%

前回、前々回日本株と米国株の個別株の運用成績を出しました。

日本株は+23.33%

米国株は+30.09%

投資信託によるインデックス運用は+34%

一番パフォーマンスが良いのはインデックス運用という結果となりました。

中でも積立投資をしている、

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

に限定して利回りを算出すると+36%となります。

これは概ね1年間での利回りなので出来過ぎな数字ではありますが、何も私はめちゃんこ難しい投資をしている訳ではなく皆がやっている一般的な投資をやっているだけです。

上記2つのファンドは、楽天証券による積立設定されている投信ランキングの1位と3位になります。

上位1~5位全てインデックスファンドです。

結論、市場平均に投資するインデックスファンドは皆が購入していて、難しいこと抜きに最強なんです。

私も色々勉強して個別株購入していますが、やっぱり米国の市場平均には勝てません。

どっかでガツンと落ちたら、大きく買いまししたいと思いながらも時だけ過ぎますね。

このS&P500のチャートを見ると、コロナショックが絶好の買い場だったことになります。

これから買い場が来るのか、それとも上げ続けるのかはわかりません。機会損失を防ぐためにも、コツコツと積立投資をしていくのが最良かと思います。

最後までお読みありがとうございます。ブログランキングに参加しています。応援クリック頂けると嬉しいです。⇓

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。