米国株式ポートフォリオ全公開 令和3年8月分

どーも、コメです。

昨日の夜、目覚めたら肩痛すぎて、その後眠れなかったです。

朝から微熱。

1回目より2回目の方がワクチン接種後の副反応が強めに出てます。

今日は安静にします。

友人達からS &P500の積立を始めたと言う声が続々と届いています。

こう言う時は一旦天井を付けやすいかなと思っていましたが、今週もしっかりと史上最高値更新してきました。

落ちる時は、一月、二月で急落して、3年前の価格にあっという間に戻ることもありますので、急落を待って一気に投資するか、それとも地道にコツコツタイミングを図らず投資を今から続けるか。判断に悩む所だと思いますが、私は地道にコツコツで、急落が来たら積立額を増やすとかの方がいいのではないかと考えます。

三年分をあっといまに急落で戻しても、右肩上がりが続き、急落が5年後に来たのなら、結局機会損失となるからです。

テーパリング懸念と良くニュースで聞きますが、これだけ懸念されているなら、テーパリング発表と共に懸念が無くなり、更なる高値を付けにいく可能性があります。

そもそも、景気が回復し出しているからテーパリングする訳なので、テーパリング=急落とも言い切れないかなと私は考えます。

はい、今日も前置きが長くなりました。

令和3年9月3日終値の米国株式ポートフォリオです。

投資総額 8,491,821円 前月比 +205,200円

時価総額 10,890,723円 前月比 +488,807円

損益合計 +2,054,728円 前月比 +283,607円

累積配当額 2330.9ドル(約255,676円)  前月比 +80.27ドル

トータル損益(配当金含む) +2,313,004円 前月比 292,411円

配当込み累積投資利回り +27.23% 対前月比 -0.01%

時価総額が1000万円を超えてくると、1日の値動きが10万円を超えることはよくあります。

落ちた時も、安心して眠れるのは、配当を貰い続けるという確固たる信念があるからです。

日本株を合計すると2000万円を超えてきていますので、1日の振れ幅がより一層大きいのですが、株価は企業の利益に必ず追随します。

へんちくりんな銘柄を選んではいないので、きっと大丈夫でしょう。

米国株ポートフォリオに新たに加わったお仲間は、

コインベース、マッチ・グループ・インク、ウォルトディズニーです。

あれれ?バリュー株中心に投資してきたはずなのに、急に成長株を買い出しておる。

ブレてますねー。

米国の成長株はね、本当に凄いよ。

下がったら買おうと思っていましたが、我慢も限界です。

それでも、厳選した3銘柄でございます。

仮想通貨取引の出来高の上昇は今後もガンガン上がると思っています。

アフターコロナは、自粛が開放されてきっと男女は出会いを大いに求めていくでしょう。

ディズニーのブランド力は普遍です。

他のグロース株に比べて、直近結構下落していたのも買い判断の材料となりました。

この3社も語り出したら、一つのブログ記事に出来てしまいますので今日はこの辺で。

他にはファイザーが急騰したが、アッヴィが急落しました。

同じヘルスケアセクターでも、同じ動きをするとは限らないので、私は空輸やタバコでも複数銘柄を持つことで分散させています。

分散、長期、積立を徹底して、少しずつグロース株を増やしながら地道にやっていきます。

それでは良い週末を。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。