【深刻な打撃】株の暴落について思うこと

どーも、コメです。

バイヤーです。

株の暴落が止まりません。

先月末の運用成績で過去最高益と鼻高々でしたが、

あれから、

下げに下げ、

もう何がなんだか。

日本の市場で20万円資産が減り、

アメリカ市場で50万円資産が減る。

仮想通貨はもっとエグいことに…

1日でデス。

そんな日々がずっと続いております。

私毎日お弁当を作って、数百円節約し、水のペットボトルを激安でジョーシンで買い貯めし、こまめに節電、節水。

数百円でも積み重ねればと思いながら続けていますが、

連日70万円級で吹っ飛ぶと、

もう節約とかどうでも良くなってきてしまい、

1000円ランチしちゃってます。

これが株が怖いと皆が言うことですよね。

一方、円安が止まりません。

米国株はドル建て資産なので、暴落の軽減してはくれているものの、

新規で買いづらいです。

円で国外を買うことに躊躇します。

この感覚は日本の輸入業者も同じなんでしょうね。

今まで株の暴落時は円高が進んでいたので、今回の暴落はかなりイメージと違います。

暴落は米国株の買い増しチャンスとなるはずが、円の価値低下によりチャンスとならないのです。

世界経済はどこまで進むかわからないインフレと金利上昇を受け、リセッションに身構え始めています。

日本の低金利の終わりも、まだ日銀は示唆すらしていないですが、終わらざる負えない状況に陥ると思います。

物価の上昇を抑えるには金利を上げる必要があるからです。

しかし、労働者の賃金上昇が伴わない中で金利を上げざる負えなければ、相当やばいことになります。

企業の貸付は渋り、借金を抱える企業や個人の金利支払いが増加します。

企業の資金繰りや家計を圧迫し、消費マインドは落ちていきます。

これが不況です。

これらを回避するためには、労働者の賃金上昇は不可避なのですが、今の日本でやれますか?

と言うことになる。

こういう事を考えていると、株が買えなくなるんですよ。

それを回避すべく、私は毎日投資を続けています。

最近購入しているのは、金融セクターが多いかな。

将来株安懸念で、アセットマネジメントが打撃を受けると思われてますので、だいぶ安いです。

米国だとシティグループ、日本だとSBIホールディングス辺りを中心に買い増し中です。

なぜか私が個別株を言うとその後、更に落ちるんだよな。

過去にコインベースとか言ってたなー。あれから70%落ちました^^;

そう言えば四季報最新刊でましたね。

この週末は読み込んで割安銘柄探します!

それでは良い週末を。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。