コロナに感染して感じたこと

どーも、コメです。

もう自宅待機期間は過ぎて職場に復帰していますが、2週間前にコロナに感染しました。

症状は比較的軽めだったとは思いますが、国の定める発症日の翌日から7日間自宅待機期間となり、会社を休み家で安静にしてました。

発症4日目頃からは、ほぼ回復していましたが、出勤停止中の為、家で何もすることのない時間を過ごしていました。

やることがないからこその気づきが色々ありました。

ご飯は急いで食べる必要がないので、ちゃんと作ってちゃんと盛り付けて、ゆっくり食べました。

ただの白米、納豆、味噌汁、サラダなのに本当に美味しい!

食後にゆっくりと温めたコーヒーを飲む。

安らぐ。

さて、今日は何しよーか。

あっ、そうだ、何もしなくて良いんだ。

とりあえず、食後の後片付けして、布団は干す。

ゆっくりと日経新聞を読み、その後読書する。

昼ご飯が近づいてくると、なんかこのままご飯を食べるには罪悪感を感じるので、筋トレ30分。

あっ、時間が余るから瞑想でもしよ。

昼は冷蔵庫の残り物で、パスタを作る。

そして、ゆっくり食べる。

今まではご飯を食べながら、YouTubeを見て、金融知識をインプット。ってか、歩きながらYouTube聞いてインプット。通勤途中も極力階段を使い老化防止。時間が無い無いと思い、何かをしながら何かをする。

最大効率、生産性向上、休みの日も充実させて、忙しいけど健康も気を使わないと・・・

とにかく何かしないと!

に囚われていた気がします。

なーんか、何も出来ないとわかると、嫌でも無心になる。

午後は部屋の角まで無心で雑巾で拭く。

綺麗になった部屋を秋風が抜けていくのが気持ち良い。

昼寝でもして、

あー、もう夕方だ。

ちょっと散歩しに行くだけのつもりが気持ち良過ぎて1時間位歩いてしまった。

夕暮れ時の川は癒される。

ふと思いました。

今まで何に追われて、忙しくしてたんだっけ。

あー、そうだ。

周りの期待に応えようとし過ぎてたのかな。

外に耳を傾け過ぎてて、心の内側の声に耳を閉ざしていたんだな。

やりたくないことに頑張り過ぎていたんだな。

だから疲れるんだな。

自分の内なる声を聞いてやらないとな。

もう人生は折り返しに入っていること、そういう事を考えると、今後何をするかという選択は今まで以上にシビアに考えなくてはならないなと思いました。

時間は有限であるけど、仕事ばっかして、このままだと老後お金だけ残して死ぬんじゃなかろうか。

今しか出来ないことは時間が経てば経つほど、永遠に出来なくなる。

絶対に確信して言えることは、「もっと働けば良かった」と後悔することは絶対に無いということ。

労働と収入と余暇のバランスが今はおかしい。

というか週5日も働く必要なんてあるのだろうか。

決断の時は近いかもしれない。

後は踏み出す勇気と覚悟だな。

話変わり、昨日からキャンプに行き、森林の中でぼーっとしてきました。

それでは良い休日を。

Follow me!

コロナに感染して感じたこと” に対して1件のコメントがあります。

  1. さっちん より:

    専業になったらいいのに。って思う!たまにバイトしてさ。はるきさんならできるでしょ!

    1. kome より:

      それも悪くないよね。世間体なんて気にするのやめようか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。